393 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:12 ID: heHBdcjU
9
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

                  第十七夜

                 夜の訪問者

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



394 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:12 ID: heHBdcjU
8

私が幼い頃聞いた話の中には、真夜中の訪問者の物が3つほどありました
            その1つをお教えいたしましょう

    この話の主人公は、話を教えてくれた教育実習の先生です

    なお、この話を知った事で貴方に何か被害がございましても
            当方は何も保障いたしません…



395 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:13 ID: heHBdcjU
7

先生…この話ではAさんが高校生の事です
  彼の学校では毎年同じ場所へ遠足にいっていました
    美しく緑の多い山、山頂までの道の途中にある滝は頂上からの湧き水
      
 ||
。ll っ
川  ∧_∧           
|ll (´∀` *)    ∧∧
|||  (   と     (∀゚*) ←A
||  ____V  / ________と  つ__________________
  /  (__)j      |  〜
             (ノ∪

彼らは、そのすんだ水を口にして、頂上を目指しました




396 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage AAのへたれ加減には目を瞑ったって下さい] 投稿日:03/06/05 23:14 ID: heHBdcjU
6

しかし、Aさんと友は頂上で見てはいけないものを見てしまいました
 さっきの滝の水源に…腐った、うじのわいた死体がつかっていたのです
Aさんたちは胸が悪くなりすべてはいてしまいました

<<`)ヽ〇  ∧∧
 しlllJ(__つ ( llll )
 cノllっ   ヽ(  J
  jシ    ⊂⊂ 
            
             
           ⊂⊃
   ( ̄~)~)
〜〜~|  | |~〜〜〜〜〜、
   (  〇)つ       ヽ
    "




397 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:15 ID: heHBdcjU
5

それから2週間の時が過ぎました
 Aさんが両親が旅行に出かけたのをいい事に遅くまでおきていたとき…

   コンコン

 A、あけてちょうだい
\             ┌―
コンコン               |
               |
         ∧∧ て   |__
        (∀゚ *)   
_______lエl⊂ _____
        ⊂⊂ノ〜   

「やべ!エロ本かくさなきゃ!」と、思ったのは一瞬でした
「…母さんと父さんは…旅行にいってるはずだぞ…」



398 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:16 ID: heHBdcjU
4

「あけて、あけて…」
声は訴え続けます
なにかやばいと彼は感じ、
すぐに親友に電話をかけました…すると

    ノヽ  |
,,,,,,,,ノ´  l´~|
      |  |
   0 j :"":
、_,  * ;  ;
 V    ;
      
{おい!さっき大変な事があったんだ!}
「大変な事?」
{ああ、あの死体のユうれ……プッ…  ツーツーツー}



399 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:17 ID: heHBdcjU
3

電話は不条理に切られた
ドアの方ではやはりいるはずのない母の声が優しく響く…
      Aは、耐え切れなくなって叫んだ
\wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww/
≫                           ≪
≫卑怯な手段を使われても俺は屈しねえぞ! ≪
≫                           ≪
/NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN\

                 ┌―
                 |
                 |
         ∧∧    |__
        (Д"*)   
_______lエl⊂ _____
        ⊂⊂ノ〜   

音は消え、変わりに湿っぽく
   ゼリーのような生暖かい空気が流れ込んできた




400 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage] 投稿日:03/06/05 23:18 ID: heHBdcjU
2

異様なふいんきに部屋をきょろきょろと見回していると…

                 ┌―    スゥ・・・
                 | ∧_,,
                 | (ー";;;j
         ∧∧    |__
        (* ゚∀)て   
_______lエl⊂ _____
        ⊂⊂ノ〜   


その直後顔は消え、生暖かい空気だけがその場に残っていたという

電話した友人は「何故いきなりきったんだ」と激怒した…



401 名前:黒みかん ◆JcusPwhG82 [sage ほんとにここまでしか知りません] 投稿日:03/06/05 23:19 ID: heHBdcjU

私の聞いた話はここまでです、もしかしたら続きがあったのかもしれませんが
   もしかすると彼の中でトラウマになっているのかもしれません
      それでは、皆様ごきげんよう
              「夜の訪問者」にはくれぐれもお気をつけて

  ∧∧   以上、語り部は黒みかんでした
≫(0ー0)≪
  ⊃⊂
  ∪∪

オワリ