91 名前:韮弐1/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:21 ID: nLSPBBqM

   r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'"'ヽ'⌒'〜'"'ヽ
  (   ストーリーテラーの韮弐(キョウジ)です         )
    )  都市伝説の怖さもさることながら、         (
  (   実体験というのもなかなか笑えないものですね  )
    )  自分だけならまだしも家族や猫まで一緒に    (
  (   体験したとなると…                   )
    )  それではお楽しみください              (
  (                                 )
   丶〜'〜'|ノ〜'⌒'〜'⌒''〜'⌒〜'´⌒'〜'⌒''〜'⌒''〜'⌒''〜

    .∧w∧
    (*゚∀゚)  チナミニ AAジタイ ハジメテカイタンデ
    ..(| ヽ/ |)  タイハンガコピペダガ ズレテタラ ユルシテホシイゾ
   ..〜|.__|__.|
    ..し` .J






93 名前:韮弐2/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:25 ID: nLSPBBqM
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

                    第六十一夜
               「帰ってきたはずなのに…」



 私がまだ実家に母と猫達と住んでいた頃の話です。
 動物って霊が見えるっていいますよね。
 私は滅多にそれっぽいものは見えないんですが、
 たまに声が聞こえることはありました。この話みたいにね。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





94 名前:韮弐3/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:26 ID: nLSPBBqM



llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiiii
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiii
lllllllllllllllllllllllllllii ○ iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiii
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiii
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiii
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' ' '
 ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄
 □    □ □      □     □ □ □    □

                         その頃、私のバイト先は仕事が早めに終わっていたので、
                         親より先に帰宅する私が
                         家で留守番してくれている猫達の遊び相手でした。

         .∧w∧
         (*゚∀゚,)  ミツケテオクレ チイサナワタシヲ♪
    . . .. ..(つ┯つ マリアノナミダフイテ ココニタッテイル (゚д゚)ハッ♪
 ≡≡≡ . . 〜  |
 ≡≡≡   .  し`|
 ≡≡≡   (◎) ̄))






95 名前:韮弐4/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:27 ID: nLSPBBqM


                          私が帰ると真っ先に遊んで欲しがるのが

      _______________
     /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/丶
     /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/  丶
     /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/    |丶
.     |                    | .../| .|
.     |   ┌┬┐  ┌┬┐  ┌┬┐ |  |  | .|
.     |   ├┼┤  ├┼┤  ├┼┤ |  |  |/
.     |   └┴┘  └┴┘  └┴┘ |  |/    <タダイマー
.     |_____________|/





                         3匹いるうちでも一番年若(というより仔猫)のマコ。
                         幼いせいか甘えん坊で、夜には私の枕元でないと
                         落ち着いて眠れないほど私にべったりなついていました。


      ∧w∧
       (*゚∀゚)  カエッタゾ イイコニシテタカ?
       |⊃..|
     〜|  |
       U U        ヾ(・∀・)ノ オカエリ! オカエリ!





96 名前:韮弐5/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:28 ID: nLSPBBqM



           |
           |
           |
           |
           |        ______          まぁ、こんな風に仕事から母が戻るまで
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||         暢気に遊ぶのが、私とマコの日課。
        ,'| |          ||        ||         この日もいつものように遊んでいたのですが…
         |.| |          ||        ||
        |,' |          ||      .0 ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||
    ../ /.|――n|  |___.||____|| .             ∧w∧
   / //||_.n/||.ー‐'                       (゚∀゚*,) ニゲタゾ!
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.                         ⊂|  \
  l.|   | |/, '| ||レ!'||                          (    )〜
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~     〇)))) コロコロコロ…
  |   | l,, "/~                    ヨーシ、マコ ツカマエチャウゾー
  |   | |/                   . ヾ(∀・ヽ)〜
                          .





97 名前:韮弐6/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:29 ID: nLSPBBqM



           |
           |
           |                カチャカチャ
           |                タダイマー
           |        ______          母が玄関の鍵を開けて、入ってきた音と声がしました。
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||         マコがいつものように閉め切っていないドアの隙間から
        ,'| |          ||        ||         玄関に迎えに行きましたが…
         |.| |          ||        ||
        |,' |          ||      .0 ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||
    ../ /.|――n|  |___.||____|| .             ∧w∧
   / //||_.n/||.ー‐'                       (   ,) ハハガ カエッテキタミタイダナ
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.                           |  \
  l.|   | |/, '| ||レ!'||                          (__  〜
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~     〇
  |   | l,, "/~                    ムカエニイク!
  |   | |/                   . (   )
                          .  ∫






99 名前:韮弐7/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:30 ID: nLSPBBqM



                  /
 ___________/
 ____          |
       ||        |
       ||        |
       ||        |
       ||        o。
       ||        O ‰
       ||        _レ'
     O ||    .____.)(
       ||   |r- _ (_)- __
       ||   ||   - __    - __
       ||   ||   ||  - ___
       ||   ||   ||    ||     |
       ||   ||   ||    ||     |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\  ||    ||     |
             ..\||    ||     |
              \ ....||     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''\

            ( u  ) ダレモイナイ…
              ∫






100 名前:韮弐8/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:32 ID: nLSPBBqM



           |
           |
           |
           |
           |        ______          戻ってきたマコは目に涙を浮かべて
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||         私の膝にすがりついてきました。
        ,'| |          ||        ||         しかも帰ってきたはずの母が居間に顔を出さない。
         |.| |          ||        ||
        |,' |          ||      .0 ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||
    ../ /.|――n|  |___.||____|| .             ∧w∧
   / //||_.n/||.ー‐'                       (゚∀゚;;.) ド、ドウシタ?
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.                    キョウジィィ.|  \
  l.|   | |/, '| ||レ!'||                    〜(つдT)つ    ,)〜
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
  |   | l,, "/~
  |   | |/                   .
                          .


あ、もしかして100?


101 名前:韮弐9/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:33 ID: nLSPBBqM



          ――――何となくイヤな予感はしたけど、
                泣いているマコを放っておくのも可哀相なので
                一緒に玄関に行ってみることにしました。





102 名前:韮弐10/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:33 ID: nLSPBBqM



                  /
 ___________/
 ____          |
       ||        |
       ||        |
       ||        |
       ||        o。
       ||        O ‰
       ||        _レ'
     O ||    .____.)(
       ||   |r- _ (_)- __
       ||   ||   - __    - __
       ||   ||   ||  - ___
       ||   ||   ||    ||     |
       ||   ||   ||    ||     |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\  ||    ||     |
             ..\||    ||     |
              \ ....||     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''\


      ∧w∧
       (   ;;)  マジカヨ…
      .(|  |)
     〜|  |
       U U        ヾ(T∀T)ノ ダカラ ダレモイナイッテバ!






103 名前:韮弐11/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:34 ID: nLSPBBqM



           |
           |
           |
           |
           |        ______          部屋に戻って、
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||         怯えるマコを宥めて15分。
        ,'| |          ||        ||
         |.| |          ||        ||
        |,' |          ||      .0 ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||
    ../ /.|――n|  |___.||____|| .             ∧w∧    コエハ タシカニキコエタゾ
   / //||_.n/||.ー‐'                       (゚∀゚;;,)    デモ ゲンカンニハダレモイナクテ…
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.                 ガクガクブルブル |  \   (脳内完結不能)
  l.|   | |/, '| ||レ!'||                  ((((TдT))))   (    )〜
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
  |   | l,, "/~
  |   | |/                   .
                          .





104 名前:韮弐12/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:35 ID: nLSPBBqM



           |
           |
           |
           |
           |        ______          今度は本物の母が帰ってきました。
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||
        ,'| |          ||        ||
         |.| |          || ∧ ∧ . .||
        |,' |          || ,(*゚д゚) タダイマ ドウカシタノ?
       __ |   ⊂⊃   || |   .|つ..||
    ../ /.|――n|  |___.||_..|  . |__|| .             ∧w∧
   / //||_.n/||.ー‐'     し J                (゚∀゚;;,) アヒャヒャヒャヒャ
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.                 ガクガクブルブル |  \
  l.|   | |/, '| ||レ!'||                  ((((TдT))))   (    )〜
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
  |   | l,, "/~
  |   | |/                   .
                          .





105 名前:韮弐13/13 [sage] ◇ 投稿日:03/07/06 22:36 ID: nLSPBBqM



  あとがき。


   r'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'"'ヽ'⌒'〜'"'ヽ
  (   結局のところ、母本人が帰ってきたので      )
    )  死んだはずの母が帰ってきた!          (
  (   ということにもならず、オチもないんですが…。   )
    )  実体験というものはそんなものかもしれません。 (
  (                                 )
   丶〜'〜'|ノ〜'⌒'〜'⌒''〜'⌒〜'´⌒'〜'⌒''〜'⌒''〜'⌒''〜

    ∧w∧
    (*゚∀゚)   デモ オレハマジメニコワカッタゾ
    (| ヽ/.|[]つ アヒャヒャヒャヒャ
   ..〜|.__|_..|
    ..し` J