145 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 18:56 ID: +uSv2ct2

|  どうもお久しぶりです。
|   今回もちょっと怖い話を一つ……。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ▲▲
          (,,゚∀゚)
         く:::@;;;;;ゝ
           ノ:::;;;;;;;;ヽ
         /:::::/|ヾ、;;;\
        '⌒'((_)⌒ヽ


146 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 18:57 ID: +uSv2ct2

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

                 第五拾弐本目
                  「赤い部屋」

           それはある日の夜のことでした…
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



147 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 18:58 ID: +uSv2ct2

赤いワンピースを着た若い女がタクシーを呼びとめた。

                          ___
                            |;(゚L゚凸;|
                    , ――┴――┴――、
    ,/∧             //   ∧∧.//     || .\
   ソゞルii          __[//_ (゚Д゚,,/[]___..||_ .\___
    | ∪|          lロ|=== |ロロ゚| ̄ ̄|(゚L゚)凸タクシー  ̄  ..||
   /,、__,ヽ,       Σ | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___||
   ~し'J~            ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'


148 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 18:58 ID: +uSv2ct2

猫背で長い髪を前にだらりと垂らした
見た目に気味の悪い女だ。

      ∧,,∧
      リii;;;;jiiル ・・・。
   __ |∪∪| ______
      /__ヽ,
      ^'∪∪~
       |∧∧     | ̄ ̄|
       ( ゚Д)ドチラマデ?" |
       0⌒0    .|    |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




149 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 18:59 ID: +uSv2ct2

女は小声で運転手に目的地を告げる。
そこは車では数時間かかる、深い山の中だ。

      ∧,,∧
      リii;;;;jiiル ボソ
   __ |∪∪| _____
      /__ヽ,
      ^'∪∪~
      .∧∧     | ̄ ̄|
       (,゚Д゚,)・・・。 |    |
       0⌒0    .|    |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


150 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:00 ID: +uSv2ct2

女は黙って料金を差し出すと、こう言って一人森の奥へと消えて行った。




            ∧          ∧
              / .∧       / ∧
          /   ∧       /   ∧
          /   :::リヽ..,、ゞ/  〃ゞ、
          /   ノルルヾ;ゞ,/   ルリヾλ
        ゞ、  レヾノ )ノiijjル ノゞjjiゞノル
        ノル ハ`jj ゞルノ⌒ヾルゞjjレゞゞ
        iijゞ ノヾゞ''ルゞ,,ヾ○jjゞ;;jjゞヽノ
        ゞノヾ /ルゞ ヾゝ‐'ヾjjルハノノ
         ヽノル)ノiゞjj__, ルノヾjjレノ
          ヾルハノル――' ルゞノノル
         /ルルゞゞ    ノルゞゞヾル
          / ゞゞ/ル   ルゞjjiゞ)ノiijj
          / ノルヾゞ;jj  ノノjjルハノノハヾ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      あなたは何か変だと思ってるようですが、
      絶対について来ないでください。

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ウーン、ゴチャゴチャ ダァ


151 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:01 ID: +uSv2ct2


;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll|    ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(    |il|!ll|        |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!lli!i|..,,..,
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MWMWMW vv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,
                           ___
                             |;(゚L゚凸;|
                 ∧/、,――┴――┴――、
    ,/∧              (゚Д゚/ ・・・。   //    || \
   iiゞルレ            __[//_     /[]___..||__\____
    | ∪| ))          lロ|=== |ロロ゚| ̄ ̄|(゚L゚)凸タクシー  ̄  ..||
   /,、__,ヽ,          | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___||
   ~し'J~            ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'


「若い女性がこんな時間に、こんな山奥にいったい何のようだろう?しかもついて来るなとは
もしや自殺でも考えているんじゃないだろうな」



152 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:01 ID: +uSv2ct2


;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li ,/∧ .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill| ∧∧|il|lil|
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i| iiゞルレ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!| (゚Д゚,,|!lli!i|
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll| | ∪| ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!| ヽと |!lli!i|
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ( /,、__,'、|il|!ll|        |ill|     vv|Mv vv|Mv ヽ |!lli!i|..,,..,
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MWMWMW vv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,

ついて来るなと言われたが、心配になったので、こっそりと女の後をつけてみることにした。
女は暗い山の奥へとどんどん進んで行く。



153 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:02 ID: +uSv2ct2

" ; ;" ヾ ; ; ;  ;
ヾ; " ; ;  ;; " ; ; ヾ,
" ; ;ヾ " ヾ; " ; " ; ; ヾ,
" ; ;" ヾ ; ; ;  ; " ; " ; ; ヾ,
" ; ;ヾ ;     ; " ; " ; ; ヾ, ______________
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; ". ; " ; ; ヾ,////////////////////////////\
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ;..;ヾ ;.;. ヾ. ;ゞ/////////////////////////////\;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,.////////////////////////////////ゝl|!ll| Y ;;/,,"",   |liiil|!i!|"
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ _ ______________..┃ il|!ll| Y ;;/,,""  |liiil|!i!|"
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ''"'' 〃  |=====l=====|:            ┃ Yii!! (;;,,ヽノ   |!i!|il|ll|
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "    〃   |=====l=====|:            ┃,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "          |====OO=== |:            ┃ |!,ii;;,,ヽ;;;...(_;;:(;;,ヽ|ill|il|!l)
 ""|l!|| ll|ソ  ""           |=====l=====|:            ┃ |ill|         (il|!llli!i|
   li(~):|l|   ,,,,,, ,             |=====l=====|:::            ┃ |l|!|        |!!iill|!ll|
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::___┃!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,
   |;l!l| |;;) iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii;;;;:::::::iii l  ;:::::::iiiii;;;;;:::::::;:::::::iiiii;;;;;:::WMWMW vv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,M
   |ill|| lll                                           ∧∧
 二llil|l li!|                                     ! (   )
、.,.ノiiノ:l|| !ヽ、.,.,                                  と   つ
 "" ^~"" ^~ " "                                     ヽ  ヽ
                                             (ノ`J
するとやがて森は開け、一軒の小さな家が見えてきた。
女はその家の中に入っていく。


154 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:02 ID: +uSv2ct2

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|あの女はここに住んでいるのかな。          |
|いずれにせよ、自殺だなんて俺の考え過ぎだったか|
\____________________/
           〇
            0
             0
             ∧∧
             (゚Д゚;∩
              |   ノ
              |   〜
             し´J


安心したが、今度はこの家に興味が出てきた。
こんな山奥の不便な場所にぽつんと一件だけの家。
しかも住んでいると思われるのは若い女。
なんとも不思議なことではないか。





155 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:03 ID: +uSv2ct2

好奇心に負けた俺は様子を見ることにした
来るなと言われいたので少し慎重に。

外から見てみたがイマイチ分からない
そこで鍵穴からそっと覗いてみた。




すると、彼の目に飛びこんできたのは燃えるような深紅の部屋。
何があるのか分からないぐらい血のような鮮明な赤の部屋だった。

          ______
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
          /;;;;;;;;;;;;;;;\
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


156 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:03 ID: +uSv2ct2
女は鍵穴から覗ける範囲には見当たらない。
ドアのようなものも見当たらないが、おそらく他の部屋にでもいるのだろう。


しばらく覗きつづけていたが、やがて“何もかも赤い部屋”の存在に薄ら寒いものを覚えてその場を後にした。





山を下りた俺はふもとで一軒のラーメン屋を見つける。
すっかり腹ぺこになっていたので、夜食を食べようとその店ののれんをくぐった。


157 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:04 ID: +uSv2ct2

ラーメンを待つ間に、店の主人に先ほど乗せた女の話をした。
すると、主人はみるみる顔が青ざめていき、こう言った。
       ________________
      ./ / / / / / / / / / / / / /ヽ
     / / / / / / / / / / / / / /`、 ヽ
    ./ ./ / / / / / / / / / / / /=== 、ヽ
    /_/_ /__,/__/__/__/.__/__/__/.__/__/__/__,/
   |=ら ギ__ .||                  || ┌─────────────
   |= ∫  =:| ||                  ||  | そ、その家の女の人は
   |= め コ..:| ||                  ||∠  3年くらい前に、
   |=ん =:|  || グツグツ.      ∧_∧ ||  \_________
   ~~~~~~~ | ||   ==┻==    (゚Д゚;) .||
         |.∧ ∧| ̄ ̄|      (|ギ∪ ||
       ┌┴(   )――――――‐――┸┐
     ┌┴―/  | ――――――――――┴┐
     └‐.〜(___ノ――――――.―――┬―┘
        | | ̄ ̄|     | ̄  ̄|    .....:.::::|
        | |    |  ..:::::::|     | ...::.::.:..::::::::|    (・∀・)カイダンコワイイ!!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         通り魔に殺されましたよ。


158 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:05 ID: +uSv2ct2

背筋が凍った。
さらに主人はこんな事を言った。

殺された女の人はその日、藍のワンピースを着ていたそうです。


      ___シヾ、、,  ;;
     ⊂、    シゞ>> ;;
     .ι'i ,/∪~シ""ゞ;;;)
       |/  ;; /;;;;;人;;) ;;
          (;;;:ノ ;;

ですがそれは血で染められて真っ赤になっていたそうです。


159 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:05 ID: +uSv2ct2

で、その女の人は・・・。
                          ___
                            |;(゚L゚凸;|
                    , ――┴――┴――、
                    //   ∧∧.//    || \
                  __[//_ (゚Д゚;/[]____||__\___
                     lロ|=== |ロロ゚| ̄ ̄|(゚L゚)凸タクシー  ̄  ..||
                     | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___|| = 3
                   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'


160 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:06 ID: +uSv2ct2

目を切られたんです。

               , ―――――――――――――― 、
              γ                       ヽ.
             /        ∧          ∧         .|
              |        / .∧       ./ ∧      |
              |       /   ∧       /   ∧      ,|
              |       /   :::リヽ..,、ゞ/  〃ゞ、 .     |
              |      /   ノルルヾ;ゞ,/   ルリヾλ    .|
              '、    ゞ、  レヾノ )ノiijjル ノゞjjiゞノル,   ,'
              ヽ    ノル ハ`jj ゞルノ⌒ヾルゞjjレゞゞ   ノ
              /    iijゞ ノヾゞ''ルゞヾ○jjゞ;;jjゞヽノ  \
             /     ゞノヾ /ルゞ ヾゝ‐'ヾjjルハノノ    \
            /       ヽノル)ノiゞjj__, ルノヾjjレノ,       \
          /          ヾルハノル――' ルゞノノル        \
        /          /ルルゞゞ    ノルゞゞヾル         \
       /            / ゞゞ/ル   ルゞjjiゞ)ノiijj           \
      /             / ノルヾゞ;jj  ノノjjルハノノハヾ             \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



161 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:06 ID: +uSv2ct2

|  さて鍵穴の先の赤い部屋何だったのか。
|  あえて言わないでおきましょう。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ▲▲    m
          (,,゚∀゚)  i ‐' フゥ
         く;;;;;;;@´⊃||
           ノ;;;;/ .|;(
         /;;;;;/ .|.|;;;\
        '⌒'(_))⌒ヽ


|  スレタイ違っても、夏じゃなくても、
|  頑張っていこう。このスレ(・∀・)イイから(タマニシカキテナイケト

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ▲▲
          (,,゚∀゚)
         く:::@;;;;;ゝ
           ノ:::;;;;;;;;ヽ
         /:::::/|ヾ、;;;\     ∫
        '⌒'((_)⌒ヽ  ===‐



162 名前:3  ◆n0AHhocXGI [sage] 投稿日:03/11/27 19:07 ID: +uSv2ct2

|
|  ではごきげんようさようなら。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         /ヽ
         /;;;▲▲
         /;;;;;;゚∀゚,∩
         〈;;;;;;;;;;@´,ノ
        ヽ.;;;;;;;;`ヽ;ヽ. ヽ
            ヽ;;;;;/ノ;;;;;\ヽ\ヽ.    ∫
          ヽ/ '⌒ヽ'`   ヽ  ===‐