644 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:02 ID:LgQttQcL



        (´Д`;)
         |∪∪|
         ∪∪

           |\
     / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
     |未熟ながらも作品を貼らせて頂きます
     |前回分かりにくかった方々すみません
     |AA技術の不足です
     |とりあえず九本目いきます
     \________




645 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:03 ID:LgQttQcL
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          九本目「彼女の自殺」

         もし貴方の愛しているはずの人が自殺したら
         貴方はどうしますか?
         この話は一人の男の話です。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



646 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:04 ID:LgQttQcL


   僕の彼女はあの日に死んだ。
   死んだといっても事故や殺人の類では無い。
   そう自ら命を絶った。
   僕というものを残しながら



         <<::)
          ヽ::::丶
          とuu O

   僕は、僕は・・・彼女のなんだったんだ?




647 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:04 ID:LgQttQcL
   ある日・・・。

   彼女の親から電話があった。
   彼女の遺書を見てほしい・・・と



       ∧∧         ∧∧
       (:::Д:;)        (::ー::)
       (|::::::::|       □と::::::|
 ..     ~|::::::::0         |::::::|
        し´          ∪∪


   渡された遺書には僕への謝罪と母親のみへの謝罪・・・。
   そしてある場所への案内。

   僕はなんだか分からずその場所へ行った。
   行かなきゃいけないと思った。

648 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:06 ID:LgQttQcL


   ある場所についた。
   ある場所とは彼女の自殺した場所らしい
   そこはすごく静かなビルの上だった


      ∧∧
      (:::Д::)                 ∧ ∧
      (|:::::::::|                  (*゚ー゚)
      |::::::::|                 /  |
      ∪∪                 (,,_/
                         /


   彼女がそこにいた。
   彼女は遠くを見ていた。
   彼女は「私は死んだの」と軽軽しく言ってのけた。
   そのとき彼女が僕を呼んだ理由が分かった。



649 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:07 ID:LgQttQcL


      僕も死ねといいたいのだろう。
      君はわがままだ。
      そのわがままのせいで父親は怒り「しつけ」と称して「虐待」を行った。
      君はその虐待のせいで死んだの?
      だとしたら自業自得じゃないの?
      え?「いいからあなたも死んでちょうだい」?
      君はやっぱりわがままだ。
      でも僕はわがままな君が好きだよ。
      だから・・・。



         ∧∧  ∧∧
         (:::Д::) (゚ー゚*)
         (|:::::::::つと   |
         |::::::::|  |  , 0
         ∪∪  し´

650 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:07 ID:LgQttQcL


   その後・・・。
   男の死体がビルの下で発見された
   男は「笑顔」だったという


    ;;;;;;;∧∧:;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;; (:::∀:::);;;;;;;;;
   ;;;;;;;;と::::::::@;;;;;;;;つ
    ::;;; @:::::|;;;;;;;
    ::;;;;;;;;; ∪;;;;;;;;;
   ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ::;;:;;
   ∪


651 名前:480〜502[sage] 投稿日:03/08/09 02:08 ID:LgQttQcL



      (;´Д`)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |∪∪| <この話はここまでです
       ∪∪   なんか文字ばっかでAAと呼ぶにはほど遠いですね
             まぁなんとなく読んでくれれば嬉しいです。
             あと保管庫様。番号なおしてくださってありがとうございました
             \_______



      (;´Д`)デワオヤクソクノ
       |  つ¶
       ∪∪


       (;´3`)=3フッ
       |  つ¶
        ∪∪